事務所通信

事務所通信 第19号

経営:特集「緊急 資金繰り対策」 家賃支援給付金を活用しよう!

新型コロナウイルス感染症の影響で売上が急減しているテナント事業者に対して、
「家賃支援給付金」が最大で法人に月100万円、個人に月50万円が6か月分支給されます。
対象は、令和2年5月~12月における売上の減少が次のいずれかに該当する事業者です。
 ①1か月の売上が前年同月比で50%以上減少している
 ②連続する3か月の売上が前年同期比で30%以上減少している
また、新型コロナウイルス感染症の影響で家賃の支払いが困難なテナント事業者を支援するために
家賃の減額に応じた不動産オーナーについては、減額分が税務上は寄附金とはなりません。


(以上の記事について詳細を知りたい事業者の方には「・・・ニュース」を送らせていただきます)


事務所通信 第18号

経営:事業継続・再起のための持続化給付金の活用と申請方法

新型コロナウイルス感染症の影響により、ひと月の売上が前年同月比で50%以上減少している事業者を対象に、
最大で法人200万円・個人事業者100万円の持続化給付金が支給されます。
ただし、下記のように前年の総売上からの減少分が上限になります。

〇前年の総売上(事業収入)-(前年同月比で50%以上減少した月の売上×12か月)

「前年同月比で50%以上減少した月」は、令和2年1月~12月の中から、
事業者が任意に選ぶことができるため、12月までに50%以上減少した月があれば申請が可能です(申請期限は令和3年1月31日まで)
申請方法は原則としてオンラインになります。




(以上の記事について詳細を知りたい事業者の方には「・・・ニュース」を送らせていただきます)


事務所通信 第17号

労務:雇用調整助成金の特例の活用で給与を補てんする!

新型コロナウイルス感染症対策にかかる「雇用調整助成金の特例」について、
4月1日から6月30日までを緊急対応期間として、全業種(全事業主)を対象に、次のような拡大措置が実施されています。
6月30日までの休業の受給申請は8月31日までです。
〇売上高(生産量)の減少要件を1か月10%以上から5%以上に緩和
〇助成率を2/3から4/5に引き上げ(解雇を実施しない場合は9/10)
〇小規模事業者を対象に「実際の休業手当額×助成率」によって助成額を算出
〇対象となる休業を、一斉又は一定のまとまりで行う1時間以上の短時間休業まで拡大
〇雇用保険の被保険者でない従業員の休業も助成金の対象になる




(以上の記事について詳細を知りたい事業者の方には「・・・ニュース」を送らせていただきます)


事務所通信 第16号

税務:特集「緊急 資金繰り対策」 納税猶予の特例を活用して手元資金を確保する!

令和3年1月31日までに納期限が到来する所得税、法人税、消費税などほぼすべての国税を対象に、
無担保・延滞税なしで1年間、納税を猶予できる特例があります。
 対象は、新型コロナウイルスの影響により令和2年2月以降の任意の期間(1か月以上)において、
「売上(事業収入)が前年同期に比べて概ね20%以上減少」などの要件を満たす法人・個人事業者です。
 納税猶予は、本来、税金として納付するはずの資金が手元に残ることから、強力な資金確保策になります。
消費税の予定納税についても猶予の対象になるため、納税額が多額の場合は利用しましょう。利用には税務署への申請が必要です。
なお、地方税、社会保険料等についても同様の猶予の特例があります。




(以上の記事について詳細を知りたい事業者の方には「・・・ニュース」を送らせていただきます)


事務所通信 第15号

特集「緊急 資金繰り対策」 毎月の支払いに優先順位を付け必要資金を確保する準備を!


新型コロナウイルスの影響によって、売上が急減し、
直面する毎月の支払いのための資金繰り対策が最重要課題となっていることでしょう。
直面する支払いに対して、下記のように優先順位を付け、必要な金額を明確にして、資金を集めます。
融資は、申請から実行まで時間を要します。また、すべてを融資で賄えるわけではありません。
その場合は、手元にある現金化しやすいもの、例えば、定期預金・積金、経営者の個人資金、
小規模企業共済や生損保の貸付制度、カードローンなどの方法を検討しましょう。
【支払いの優先順位】
 ①支払手形の期日支払い    /②従業員の給料
 ③仕入代金(買掛金)の支払い /④家賃・水道光熱費・保険料などの毎月の支払経費
 ⑤税金・社会保険料      /⑥借入金の利息や元本返済

月末の支払いを乗り切ったら、今後の資金繰り対策について、
融資、助成金、必要資金の用途、資金化できるまでのスピードを考えて調達しましょう。


想定外の業績悪化で役員給与を減額せざるを得ないとき

定期同額給与の役員給与は、期首から3か月以内の通常改定を除いて、
期中に改定した場合は、原則としてその一部が損金に認められません。
しかし、新型コロナウイルスの感染拡大といった想定外の事情によって、
経営状況が著しく悪化したとき、役員給与の減額改定を行うケースがあります。
このような場合、税務上は、業績悪化事由として認められます。
業績悪化事由とは、経営が危機に瀕している場合、役員給与の減額などの経営改善策を講じなければ、
客観的な状況から今後の経営の見通しが著しく悪化することが避けられない場合などが該当します。




(以上の記事について詳細を知りたい事業者の方には「・・・ニュース」を送らせていただきます)


事務所通信 第14号

売掛金の時効が2年から5年に長期化します!~管理と回収法を再確認しよう~


令和2年4月1日施行の改正民法では、債権の消滅時効が改正されました。
改正前は、債権の消滅時効を10年、短期消滅時効として宿泊料・飲食代金を1年、製造業・小売業の売掛債権を2年、
建築請負工事代金を3年などと職業別に規定していました。
改正民法では、これらの短期消滅時効と商法における商行為の時効5年を併せて廃止し、
消滅時効を次のように統一して、いずれか早いほうが経過した時に時効となります。
 ①債権者が権利を行使することができることを知った時から5年
 ②債権者が行使することができる時から10年
民法の改正を機に、売掛金管理体制を再確認し、未回収のまま長期間放置することがないようにしましょう。



(以上の記事について詳細を知りたい事業者の方には「・・・ニュース」を送らせていただきます)


事務所通信 第13号

月次決算の役割 ~月単位の業績把握で正しい経営判断をしよう!~


月次決算には、次のような役割があります。
(1)毎月の業績をいち早く把握できる。また、急激な経営環境の変化があっても、影響の予測や資金繰り対策などにも素早く対応できる。
(2)粗利益率、資産、負債の増減を確認できる。
(3)月次決算の数値を前年同月、前月、予算と比較することで、良いときは業績拡大のヒントとし、悪いときは早めの対応をとることができる。
(4)月次決算のデータを金融機関に開示・説明することで、金融機関からの評価を高めることができる。


(以上の記事について詳細を知りたい事業者の方には「・・・ニュース」を送らせていただきます)


事務所通信 第12号

“経営者保証のない融資”に向けた3つのポイント


中小企業の融資では、経営者が個人保証を付けることが慣行になっており、それが重荷となって、
新事業展開、事業承継、事業再建などが進まないといった弊害がありました。
平成26年に、金融機関に個人保証を求めない融資を促す「経営者保証に関するガイドライン」が公表され、
すでに一部で経営者保証のない融資が行われています。
同ガイドラインでは、中小企業が①会社と経営者の関係を明確に区分・分離する、
②財務基盤を強化する、③財務状況の正確な把握と適時適切な情報開示、に対応することで、
金融機関の判断によって、経営者保証が求められない場合があります。


(以上の記事について詳細を知りたい事業者の方には「・・・ニュース」を送らせていただきます)


事務所通信 第11号

事務所通信 第10号

残業には「36協定」が必要です


従業員に法定労働時間(1日8時間、1週40時間)を超えての労働や法定休日に労働をさせるには、
従業員との間で労働基準法第36条に基づく協定(通称36協定)を締結し、労働基準監督署に届け出る必要があります。
また4月から、中小企業にも残業の上限規制が適用となり、今後、「36協定」を締結しても、
残業時間は、原則として「月45時間・年360時間」を超えることができません。
「特別条項付きの36協定」を締結すれば、「月45時間・年360時間」を超えて残業させることが可能ですが、具体的な事由とともに年720時間以下などの上限があります。
業務の繁閑、季節変動等により「1日8時間、1週40時間」の原則が馴染まない企業には、変形労働時間制などを採用する方法もあります。


(以上の記事について詳細を知りたい事業者の方には「・・・ニュース」を送らせていただきます)


事務所通信 第9号

生産性向上や先進的設備への投資を後押しする税制


令和2年度税制改正では、5G(第5世代移動通信システム)をインフラとして早期・集中的に整備するため、
5G設備への投資について特別償却(取得価額30%)又は税額控除(取得価額の15%)ができる税制が創設されました。
この税制では、地域の企業や自治体等が、地域の産業やニーズに応じて限定的なエリアで行う「ローカル5G」への設備投資も対象です。
 特にローカル5Gは、人手不足や高齢化、地域経済の低迷などの課題解決の一つとして次のような活用が期待されています。
〇小売業:店舗と倉庫を瞬時に直結した在庫管理や電子決済によって人手不足を解消する。
〇建設業:遠隔からの作業指示、建機の遠隔操作・自動操縦によって現場の作業が変わる。
〇製造業:遠隔・自動制御による製造・品質管理などで人手不足でも生産性向上が図れる。


(以上の記事について詳細を知りたい事業者の方には「・・・ニュース」を送らせていただきます)


事務所通信 第8号

どうして経営計画が必要なのか? 進むべき方向をわかりやすく示す


事業を進めるうえで、社長の経営方針を文書化し、それを数値計画にして説明することで、従業員も行動が起こしやすくなります。
「先のことはわからないので経営計画を作ってもムダ」と考えている経営者もいるかもしれませんが、
今後1年間の売上がどうなるかはわからないとしても、1年間にかかる人件費などの固定費、借入金の年間返済額などは予測することができます。
それらの年間支出額を限界利益率(粗利益率)で除すれば、概算の必要売上高を求めることができ、これを来期の目標売上高の目安にすることができます。
厳しい経営環境の中、自社の固定費を上回る限界利益(粗利益)を稼ぐには、経営計画によって会社全体のベクトルを合わせることが大切です。

(以上の記事について詳細を知りたい事業者の方には「・・・ニュース」を送らせていただきます)


事務所通信 第7号

労働時間・休日は労基法に対応していますか?


4月から、中小企業にも改正労働基準法における残業の上限規制が適用されます。
まずは法令が定める労働時間、休日、時間外労働(残業)について正しく理解しましょう。

〇法定労働時間:原則として1日8時間・1週40時間以内を超えてはいけない。
〇法定休日:1週間に1日又は4週を通じて4日以上与えなければならない。
〇残業時間:法定労働時間を超えて働かせると法定外時間外労働(残業)となる。
〇割増賃金:法定労働時間を超える残業には一定の割増賃金の支払いが必要になる。


(以上の記事について詳細を知りたい事業者の方には「・・・ニュース」を送らせていただきます)


事務所通信 第6号

4月1日から不動産賃貸契約のルールが見直されます


4月1日施行の改正民法では、不動産賃貸契約における原状回復義務や敷金、債務の保証のルールが変わります。
〇通常の使用によって生じた損耗や経年変化については、借り手に原状回復義務がないことが法律上明確になります。
〇敷金については、敷金の概念やその返還についても明確になります。
〇借り手に個人の保証人を求める場合には、「極度額」を定めることが必須となります。

(以上の記事について詳細を知りたい事業者の方には「・・・ニュース」を送らせていただきます)


事務所通信 第5号

 決算日までに確認しておくべき事項


決算業務をスムーズに進めるには、売掛債権、たな卸資産、固定資産などについて決算日までに確認しておく事項がありますが、
本年は消費税率引き上げ後はじめての決算なので、まずは消費税処理の再確認をしましょう。

〇9月30日以前に販売した商品の返品処理時の消費税率を再確認する。
〇10%と軽減税率が混在する経費取引の適用税率を再確認する。
〇滞留債権・不良在庫への対応、不良在庫の処分などを検討する。
〇今期に取得した固定資産が、実際に事業のために稼働しているかを確認する。
〇仮払金・立替金を必ず精算する。

(以上の記事について詳細を知りたい事業者の方には「・・・ニュース」を送らせていただきます)


事務所通信 第4号

 経営セミナー&新春のつどい   

2020.01.24 八芳園  

第1部「100年後に語られる一歩を創ろう」
講師:三田 愛氏

リクルート入社後、人事組織系を専門とし、2011年より、熊本県黒川温泉などで地域研究「コクリ!プロジェクト」を始め、「山が動く」ようなシステム変容の方法論を開発。その後、社会の変容を研究する、地域イノベーター・首長・経営者・官僚・農家・クリエイター・大学教授・社会起業家等、多様な300名のコ・クリエーション(共創)コミュニティとなる。現在は、「地球のコクリ!」の研究に着手している。経済産業省「地域ストーリー作り研究会」や国土交通省「ライフスタイルの多様化等に関する懇談会」委員などを歴任。木や山など自然をこよなく愛し、東京と葉山の2拠点生活。男児の母。30年来書道を続けており(10段)、式典などのパフォーマンス書道も務める。

http://cocre.jalan.net/cocre/



第2部「新春のつどい」
チェロと琴による演奏とビュッフェ

STRINGS STORY
チェリスト:佐藤 舞希子さん
琴奏者:中しま りんさん








ご参加頂いた皆様、
誠にありがとうございました。

事務所通信 第3号


所得税確定申告の注意点 ~こんな収入申告漏れありませんか?~


個人事業者はもとより、会社経営者やサラリーマンなどの給与所得者で年末調整によって確定申告が不要な人であっても、
次のような所得(収入)があれば、所得税の確定申告が必要な場合があります。

・役員が会社に賃貸している不動産の賃貸料や会社への貸付金の利息
・生命保険会社等から受け取った満期保険金や解約返戻金
・上場株式等の譲渡や配当による収益などで一定のもの
・不動産や金などの売却収入
・個人事業者の自家消費と税抜経理を採用している場合の益税
・預かった敷金と保証金の償却

(以上の記事について詳細を知りたい事業者の方には「・・・ニュース」を送らせていただきます)


事務所通信 第2号


「金融検査マニュアル」廃止で中小企業の融資環境が変わる!


金融庁が金融機関を指導する際の手引書「金融検査マニュアル」が廃止されます。
これによって、これまでの「担保・保証」「財務の健全性」「資産査定(格付け)」を重視した金融機関の融資姿勢から、
今後、「事業内容」「将来の見通しや経営計画」「決算書に表れない非財務情報」を評価する姿勢に変わることが期待され、特に短期継続融資の増加が見込まれます。
今後、金融機関は融資先企業の事業内容、将来性などを評価するための情報収集が重要になります。
中小企業においては、経営計画、決算書や毎月の試算表を金融機関に提出するとともに、社長自身が自社の状況、経営に方向性を正しく伝えることが重要になります。

(以上の記事について詳細を知りたい事業者の方には「・・・ニュース」を送らせていただきます)


事務所通信 第1号


どうして経営計画が必要なのか?① 社長の想い(経営理念)を経営方針に落とし込む


経営計画は、社長が経営の良否を判断する基準となるものですが、「計画通りにならない」から意味がないとお考えの社長もいると思います。
まずは「基本方針」「商品・サービス」「得意先・顧客」「販売促進」「新商品・新事業開発」「内部体制」などについて、社長の頭の中にあるプランを書き出してみましょう。
社長の想い(経営理念)を経営方針に落とし込み、数値計画とともに経営計画をつくることで「生きた経営計画」として活用できるはずです。

(以上の記事について詳細を知りたい事業者の方には「・・・ニュース」を送らせていただきます)